矯正歯科|長崎市の歯医者ならあさだ歯科医院

あさだ歯科医院

0958563339

休診日:日曜・祝日(不定期で休診あり)

image

矯正歯科

image

矯正歯科治療とは、悪い位置にある歯をあごの骨のなかで少しずつ動かしたり、あごを良い方向に動かしたりして、正しいきれいな歯並びや噛み合わせを作る治療です。

しかし、ただ単に「歯並びをきれいにする事」が矯正歯科治療の目的ではありません。
歯並びは、噛み合せ(食物を噛み切、砕き、消化を助ける等)と審美(対人関係、発音、コンプレックス等)に大きく影響します。
つまり、歯の正常な咀嚼機能を取り戻し健全な身体と心をつくる為の治療が矯正歯科治療なのです。

歯並びと噛み合わせ

image

歯並びが悪いと、必然的に噛み合せも悪い場合が多いです。
悪い噛み合せを総称して不正咬合と言います。
不正咬合では、心身に以下のような悪影響をおよぼします。

  • むし歯や歯槽膿漏になりやすい。
  • 良く噛めない為に、胃腸障害が起こる。
  • あごの成長や顔かたちに影響し、不調和をもたらす。
  • 正しい発音がしにくい。
  • 口もとが気になる。(審美的要素とコンプレックス)

詳しくはコチラ

床矯正について

image

床矯正とは、プラスチック製の床部分(レジン床)が取り外しのできる矯正装置のことです。
装置の表面は歯を抑える金属の線で作られており、床部分にバネやネジを埋め込むことで歯を適切な位置に移動させます。

生え変わる前の乳歯、または永久歯の両方が混合して存在している混合歯列期の不正咬合の処置によく用いられ、永久歯列では補助的に使用されたり、後戻りを防ぐ装置としても用いられます。
子供さんの歯並びが気になる方は、お気軽にご相談ください。

ページトップへ戻る